MENU

当院で患者様が感じる事の出来るもの
それは「来た時よりも必ず良くなって帰れる」です

我々が治療師として特に大切にしているのは「結果を出す」です。
結果を出すのは治療師として最低限の役割であり。
そこからどれだけ結果が残せるかが技術の見せ所だと考えます。

もしこのページを拝見して下さっている方がスポーツをされている方なら、何処かに障害を起こすと必ず言われるのは「しばらく安静にしてください」だと思います。

安静にしていて痛みが無いのは当たり前の事。
しかし、スポーツをしてケガを負ったのならば、再開すればまた同じ痛みを繰り返してしまいます。

当院では殆どの症例において、練習をさせながら治療しています。
スポーツをして痛めたのならば、スポーツをして確認しなければ、本当の意味で「治った」とは言えないと思います。

それが可能なだけの技術を我々は持っていると考えます。

「結果を出す」を実現する為には、時として治療時間が必要となります
その状況でも院内が流動する様に当院は沢山の治療師がいます

我々は絶対に痛みに対して諦める姿勢を見せず常に何か他に可能性が有るのか試行錯誤し、それを治す為の技術と知識を吸収し続けています。

諦めかけていた気持ち・疑心暗鬼だった気持ちを「ひょっとしたら」という気持ちを持たせるのも治療師として絶対に必要なものだと考えます。

また、当院で患者様に対して特に大切にしているのは「説明」です。
これは当院が他と比べて特に突出して時間を費やしているものです。

患者様が1番必要としているものは「治るのか、治らないのか」そして「自分の体がどうなっているのか」だと考えます。
「体がどうなっているのか」が伝えられる事は「治るのか、治らないのか」判断できると考えます。
また患者様自身が自分の体がどうなっているのか知ることは回復の近道であり、再発の予防になると考えます。

当院に来られた患者様に一番良く言われる事は「こんなにきちんと説明された事はなかった」です。
良く言われる事が私が言われたいと思っている事と同じだという事これは当院が自慢できる点だと考えています。

全ての患者様が笑顔で、また納得してご帰宅できるよう努めて参ります。

たいち接骨院 院長 森井太一